FFR yarai

FFR yaraiとは?

標的型攻撃に特化したプログレッシブ・ヒューリスティック技術で未知の脅威に対抗する日本発の次世代セキュリティソフトです。

※プログレッシブ・ヒューリスティック技術とは、従来型のパターンマッチングに一切依存しない攻撃の進化を先読みして進化し続ける先読み技術です。

標的型攻撃とは

特定の目標(標的)に対し、

経済的利益あるいは安全保障に影響を与えるなどの意図を持って、情報を搾取する活動、あるいは情報詐取のための偵察活動。

一般的には、

ソーシャルエンジニアリングや脆弱性攻撃などのテクニックを組み合わせ、標的に対してマルウェアを送信し、リモート制御しながら情報詐取や偵察を行う。

DDoSや大量の個人情報詐取、Web改ざん、Bot、不特定多数への未知マルウェア攻撃などが近年相次ぐが、標的型攻撃はその背景が明確に異なる。

標的型攻撃は、単純なウイルス攻撃ではなく、特定の標的を狙ったハッキング行為。標的型攻撃に対抗するためには、標的型攻撃に特化した戦略を進める必要がある。

FFR yaraiの防御範囲

FFR yaraiの防御範囲

振る舞い防御とは

振る舞い防御とは

FFR yaraiによるエンドポイントでの多層防御

  1. 標的型攻撃に使われる「任意コード実行型脆弱性攻撃」をZDPエンジンで防御可能。
    通常困難と言われている入口で攻撃を止める。
  2. 1で未検出の攻撃及び、その他の未知マルウェアがPCに侵入してきた瞬間に、Static分析エンジン及びSandboxエンジンがリアルタイムに検出。
  3. 2もすり抜けた未知マルウェアは実際にPC内で動き始めようとする。
    その場合、最終防衛ラインであるHIPSエンジン及び機械学習エンジンが未知マルウェアの不審な振る舞いを 多段の動的解析により検知して止める。

FFR yaraiは5つのヒューリスティックエンジンで 標的型攻撃を多層防御

お気軽にお問い合わせください


平日 9:00 ~ 17:30